陰茎増大の術後にお風呂は入れるの?

陰茎増大の手術の多くは、注射を使って液剤を患部に注入していきます。
実際にその液剤によって物理的に陰茎が大きくなっていくので、即効性を重視する人にとってはうってつけの方法です。
ただ、気になるのはその術後の注意点についてです。
術後はすぐに普段の生活に戻ることができるのか?
お風呂は入ることが出来るのか?
細かくチェックしていく事で手術に挑む気持ちも変わってくることになります。
基本的に、陰茎増大の手術当日はシャワーも含めて入浴は禁止です。
これは傷口から雑菌が入り込んだり、出血が促されたりする恐れがあるためで、クリニックによってもこの日数には違いが出てきます。
入浴が許可されるのもそれぞれのクリニックで違いはありますが、おおよそ1週間程度から入浴が許可されることになります。
入浴が許可されたとしても、患部に痛みや腫れが残っている場合には長湯は避けて、血行を良くしすぎることのないように注意していきましょう。
血行が良くなりすぎると傷が治りにくくなってしまったり、出血が促されやすくなったりすることもあります。
この注意点さえ押さえておけば、特に問題もなく陰茎増大の手術を受けられますし、安全性も増していく事になります。

コメントする

すべての欄は必須項目です。メールアドレスは公開されません。